ga('set', 'userId', {{mimura518}}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。

TEL:079-239-5308
営業時間
平日9:00~18:00

所得税の豆知識

離婚の財産分与

2012-01-09


離婚件数が増加しており、家庭裁判所の該当部署は多忙を極めているそうです。


離婚に伴って分与した財産が現金であれば課税関係は発生しませんが、土地や建物といった不動産で分与する場合には、その不動産を時価で売却したものとして、「あげた側」に譲渡所得税がかかってきます。


離婚直前までは、法律上の夫婦であるため、配偶者への贈与税の特例が使えます。これは20年以上連れ添った夫婦間で居住用の不動産やそれを取得するための資金について、2000万円まで贈与税がかからない、というものです。


離婚後は、赤の他人になるため、夫婦間では使えない居住用不動産の3000万円控除などが使えます。
上手に特例を使えば離婚時の税負担をうまく減らすことができます。

ページトップへ