ga('set', 'userId', {{mimura518}}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。

TEL:079-239-5308
営業時間
平日9:00~18:00

相続税の豆知識

相続税の連帯納付義務



2011-07-25


相続税法では、同一の相続事案の相続人は、相続人同士で連帯して納付するという恐ろしいルールがあります。
本来の納税義務者が資力を喪失して納税できなくなった場合に、課税庁は他の相続人に督促するのです。


しかも、督促が来るまで事情がわかならい場合や、督促がきた場合には多大な延滞税(現行年率14.6%)が課されている場合もよくあり、連帯納付義務については税制改正建議にも取り上げられて来ました。


相続人が親子の場合はまだしも、顔も覚えていないような遠い親戚の場合は・・・


先日成立した2011年度税制改正法案で、この延滞税が利子税に変更されました。延滞税の場合は、当初2ヶ月4.3%、その後14.6%ですが、利子税の場合は4.3%です。


相続の場合は、納税額が数百万円とか、数千万円に上るケースも多いので、負担は結構軽減されます。


納税者にとっては納得しがたいこのようなルールそのものを廃止してほしいものですが。


ページトップへ