ga('set', 'userId', {{mimura518}}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。

兵庫県姫路市 税理士 ・認定支援機関・事業再生士補 

三村恵子税理士事務所

TEL:079-239-5308
営業時間
平日9:00~18:00

相続税の豆知識


生命保険信託の活用

2012-10-09


相続には頭を悩まされている方も多いと思いますが、親に万一のことがあった場合に備えて、様々な使い方ができる画期的な生命保険があることをご存知でしょうか?


例えば、子供のいない夫婦の夫に相続が発生した場合、法定相続分は夫の兄弟が1/4、妻が3/4となっていますが、その妻に相続が発生した場合、夫から妻が相続した3/4の財産は、妻の兄弟、その子供に渡ります。つまり、先祖代々受け継いできた財産の多くが妻側の一族に渡ってしまうのです。


このような場合に、受益者(財産をもらう人)や財産の受け取り方(毎月、毎年など)を特定して、さらにはその次の受益者までも決めておくことができます。上記のケースでは、「夫」が死んだ場合には、「夫の甥」を受益者と指定しておくことができるのです。


このほか、未成年の子供や障害者である子供、浪費家の息子のためなどに使うこともできます。手数料が若干かかりますが、自分の思うとおりに、他人の手を煩わせずに確実に財産を渡すことができるので、やむなしといったところでしょうか。