ga('set', 'userId', {{mimura518}}); // ログインしている user_id を使用してUser-ID を設定します。

TEL:079-239-5308
営業時間
平日9:00~18:00

相続税の豆知識

税務署が贈与税の税務調査を強化中!

2013-09-09


税務署が贈与税の税務調査を強化している模様です。


税制改正で相続税の増税が始まるのは皆様ご承知の通りかと思いますが、その相続対策として行われる生前贈与ですね、これについて、無申告事案を中心に調査を強化しているようです。
これらは主に、
○相続の税務調査から波及
○法定調書から
○登記情報から
○税務署の「お尋ね」から
発覚することが多いようで、いろんなルートから税務署に情報が集まるようになっています。


また、平成25年4月から、金融機関における本人確認の手続きも強化されていて、取引時に本人確認が必要な取引は
○口座開設、貸金庫、保護預かりなどの取引開始時
○200万円超の現金・小切手の受け払いなど
○10万円超の現金振込み、外国送金など
ですが、これらの取引の際に、従来からの本人確認に加えて取引目的、職業、事業内容、法人の場合実質的支配者等の確認も行われます。


これは本来マネーロンダリング防止のためですが、相続の税務調査において、その口座が名義預金であるのかどうかの判定、財産確認にも効力を発揮することになります。
贈与税の調査もさることながら、相続の調査もますます厳しくなりそうです。名義預金にはくれぐれもご注意くださいね。


ページトップへ