こんにちは 税理士の三村恵子です。

本ページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
 
 顧問税理士を探している
 
 顧問税理士を変えたいと思っている
 
このようなお困りごとはございませんか?

当事務所が実践しているのは、下記のようなサービスです。

お客様との約束を守ります。
 
「毎月訪問する契約になっているのに、たまにしか来ない」ということはありません。

お客様からのご質問には、原則として24時間以内に回答します。
 
即答できるものは即答し、回答に時間がかかるものについては、いつまでに回答するかをお知らせします。
 
提案型の事務所です。

お客様に必要なご提案をドンドンします。
原則として、決算日の3~4ヶ月前には予測決算数値を出すので、申告期限間際に多額の納税が出て慌てる、ということがありません。
節税のご提案、翌期の適正役員報酬のご提案など、お客様に必要なご提案をします。

お客様の「困った」を一緒に考えます。

お客様との会話の中で、お客様の「困った」を、いつも探しています。
それを解決する方法を一緒に考え、解決策をご提案します。
 
お客様にとってのベストを考えます。

いくつかの選択肢をご提案し、お客様にとってのベストを考えます。
そのメリット・デメリットについても丁寧にご説明します。


私は、税務・会計という自分の専門分野を通して、「日々、孤軍奮闘して頑張っておられる経営者の良きサポーターでありたい」と常々思っており、お蔭様で当事務所では、これまで多くのお客様から信頼を頂き、顧問契約を頂いております。
 
当事務所のサービスはどれも当たり前のことですが、毎日の積み重ねにより、このような信頼を頂いているのではないかと思っています。

会社経営をしていると、様々な不測の事態が起きてくると思います。
そんな時、関わった方々を少しでも良い方向にサポートできたら、大変嬉しく思います。
10年後、20年後の事業を真剣に考えておられる方、是非私と一緒に頑張って行きましょう!
 
当事務所のお客様から頂いたお声もご覧ください。
 





【株式会社大下水道設備商会 大下正和様】


 三村先生の事務所は、弊社から近く、相談しやすそうだったのがきっかけでした。
実際、気軽に相談に乗ってもらえるし、会社の税務について丁寧に教えてもらっています。
これまでは、決算の前になると税金やいろいろな事務仕事など、本来の仕事以外の心配がありましたが、今では決算がとてもスムーズに進むようになりました。
これからも、よろしくお願いします。
 

【株式会社グラフクリエーション 高石洋明様】

 

三村先生の事務所は実績があり、経営者からの信頼が厚いのでお願いしました。
私は税金のことや保険のことなど、手続きに関することが全くわからず不安でしたが、親切・丁寧に教えてもらえるので今では不安は全くありません。
また、税に関することや経営方針など、色々と指導してもらって、それを実践していくことで着実に業績を伸ばしつつあります。
顧客ニーズに合った、更なる業務拡大を指導して下さると思いますので、今後も更に期待しています。
 

【株式会社ケイ&アイシステム 西村真人様】
 
 
 三村先生とは、会社設立がきっかけでした。
今では税に関することで悩むことはなく、安心してお任せしています。
三村先生は、急遽書類が必要となったときでもすぐに作成してくれたり、税金以外の経営に関する質問にも親身に対応くれるので、とても感謝しています。
弊社のような小規模企業の場合、三村先生ならてすべてお任せできるので、経営者の負担がかなり減ると思います。
 

【為則鉄工有限会社 為則壮一郎様】

 三村先生からは節税や経理処理の合理化、会社の株式の相続対策など色々と面倒をみてもらっています。
毎年決算の3ヶ月前には着地見込みを出してくれるので、だいたいの納税額がわかり、資金繰りに走ることはないですね。
会社だけでなく、個人的にもいろいろと節税などのご提案をしてもらい、とても助かっています。


頑張っている社長を応援します。
お気軽にお電話下さい!

    

ページの先頭へ

三村恵子公式ブログ

税制改正など個人・法人に関わる税の最新のニュースをお届けしています。

ブログ購読はこちら

使えるリンク

平成28年分 源泉徴収税額表
毎月の給与・・・給与所得の源泉徴収税額表(月額表)を使います。
賞与を出したとき・・・賞与に対する源泉徴収税額表の算出率の表を使います。

平成28年4月分(5月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額(兵庫県)

国税庁WEB-TAX-TV
平成27年9月:「マイナンバー」
平成27年5月:「相続税の申告要否判定コーナーを利用した申告要否の確認」
平成27年1月配信:「ふるさと納税」
などの番組が配信中です。


Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、リンク先からダウンロードしてください。